タバコを吸っているとインプラントの失敗率は高くなります

 

もし、あなたがインプラントをされるご本人だとしたら

タバコは絶対におやめ下さい。

 

「私はタバコを吸わないから大丈夫」と思っているあなたにも

知って欲しいのです。

 

なぜなら

タバコの煙は

タバコを吸っていない人でも

同じように害があるのです。

私の医院では、

インプラント治療をご希望され

お越しになられる患者さんも、多くいらっしゃいます。

その時に、

もし患者さんが

タバコを吸っていたならば

即、「タバコをやめてください」とお伝えします。

 

 

 

そしてもし「タバコをやめることはできない」と

おっしゃられるのであれば

当院でのインプラント治療は

お断りさせて頂いております。

 

 

 

私の医院には

他の医院さんで過去にインプラント治療をされた患者さんから

たくさんご相談が寄せられます。

 

インプラントの上に被せているモノが故障した

インプラントした部分の歯茎が腫れてきて痛い

インプラントがグラグラして噛めなくなってきた

など、いろいろなケースを見てきています。

 

 

その中で、インプラント治療をした後も

引き続き、「喫煙」を続けていた

という患者さんは多くいらっしゃいます。

 

インプラント治療をするにあたって

「タバコをやめる」ということは

必須のお約束事だということを

全くご存知ない方はいまだ多くいらっしゃいます。

 

 

 

「まあ、先生はそういうけど、

本数を減らすくらいでまあいいだろう」

 

「先生は大袈裟に

言ってるだけなんだろう」

この程度の認識です。

 

 

喫煙は

糖尿病と共に

インプラント治療の最大の失敗要因になります。

タバコを吸っているだけで、

その方はハイリスク患者となります。

 

 

骨移植や骨造成術

上顎洞底挙上術など

手術創の大きな術式は

「タバコを吸わない」ことが前提であり

「タバコを吸う」方には行なうことはできません。

 

 

インプラント治療をしたいけれど

タバコを吸うことがやめられないために

治療をお受けになれない方も実際におられます。

 

 

これを読んでくださったあなたが

もし今後将来歯を失った時に

インプラントを考えているのであれば、

すぐにタバコをやめて下さい。

 

 

そうでなければあなたはもし多くの歯を失った時

「入れ歯」という選択しか

残されていません。

 

また

インプラント治療を過去にお受けになった方で

喫煙を続けているという方がいらっしゃれば

すぐにおやめ下さい

 

 

 

治療が完了したあなたのインプラントの寿命は

タバコを吸うことで日々短くなっています。

 

 

医院さんによっては

本数を減らすなら、吸ってもいいよ

手術の前後だけ、喫煙してくれたらいいよ

治療後なら元通りにタバコを吸ってもいいよ

 

 

こんな風にお話をされていることも

あるようです。

 

 

しかし、

私は100%禁煙

お願いしております。

 

 

 

最近では禁煙外来も増えてきました。

健康保険が

適応できるようになりました。

 

 

つまり禁煙できない方は

完全に病気であり中毒とういう病気である

ということを国が認めた、ということです。

 

 

国が国家予算をつぎ込んででも減らしたい

麻薬中毒と同じ中毒症であるということです。

 

 

歯科においても

禁煙外来に紹介状を書くことも

健康保険の適応になりました。

 

 

「禁煙をお勧めしますね」

という可愛らしいものではなく、

 

喫煙は病気です。

禁煙専門の先生を受診して治療してください」

 

という紹介状という名の

警告書を渡すべきである

という考えに変わったということです。

 

 

タバコを吸う人は

日々、タバコの煙の微粒子が

肺の中に詰まり

肺そのものの機能が低下

していっているのです。

 

 

さらに、タバコを吸っている人は

吸っていない人に比べて

2~8倍歯周病になりやすい

ということをご存知でしょうか?

 

「タバコを吸う」

ということは

歯周組織にどんな影響を与えると思いますか?

 

 

喫煙者では

ニコチンの強力な血管収縮作用や

一酸化炭素の粗粒子の作用により気がつかないうちに

重篤な状態へと進行していきます。

 

簡単に言えば、

血の巡りが悪くなる

ということです。

 

糖尿病と同じで血の巡りが悪くなると

末端まで新鮮な血液が行き渡りません。

 

当然、歯茎や末端の骨にまで

血液が届かないわけです。

 

口の中が栄養失調状態に陥ると、お考え下さい。

 

 

タバコを吸っている方の

お口の中は、ネバネバしています。

唾液が糸を引きそうなほど

ネバネバしている方だっています。

 

 

唾液の分泌量が低下するから

です。

 

 

唾液の分泌量が低下すると

口の中の細菌の繁殖を抑えることができません。

 

そうすると当然

歯垢や歯石がたまりやすくなります。

 

 

歯周病菌がどんどん繁殖し

いったんかかってしまうと悪化の一途を辿ります。

 

 

では、もし、タバコを吸っている人が

一念発起して「禁煙」をしたとしましょう。

どの程度で

体の状態が変化していくか

お話します。

 

 

20分経過  手の体温が正常に上昇する

8時間経過  血液中の酸素が正常値に戻る

24時間経過 心臓発作のリスクが減り始める

72時間経過 気管支の収縮がとれ呼吸が楽になる

数日~1週間経過   歯肉の血流が正常値に戻る

2週間~3週間経過  肺機能が30%アップする、歩行が楽になる

1年経過   血栓症や心臓発作のリスクが半減する

5年経過   肺がんリスクが半減する

10年経過  口腔がん、喉頭がんのリスクが減少する

 

 

つまり 

禁煙して1ヶ月しないと

歯の周りの歯ぐきに十分な血が巡ってこない

のです。

歯を抜いたあとに

十分な血が供給され続けなければ

抜いた傷は十分に治りません。

 

 

骨が造られないのです。

周囲の歯ぐきや骨が十分に治らないのです。

 

植木鉢に水をあげなければ

植物は枯れてしまいます。

 

 

血が巡らないということは

骨とインプラントが結合しない

ということです。

 

インプラントに結合した骨に

栄養が供給されなくなって骨が溶けるのです。

 

 

 

ご自身の歯も同じです。

 

特に上のアゴは顕著です。

例えば、

片足が切り落とされたと

想像してみてください。

 

 

切り落とされた足はどうなるでしょうか?

 

指はどうなるでしょうか?

 

血液による栄養が供給されませんから

腐っていきますよね

 

上あごは

口蓋に太い血管があります。

 

硬口蓋

上顎の歯

鼻中隔下方に栄養を供給する

大口蓋動脈(だいこうがいどうみゃく)という頭部の動脈です。

 

この動脈に血行不良が起こると

上顎の歯は綺麗な

状態でポロポロと痛みも無く

抜けてきます。

 

 

ちょうど足が切り落とされた場合に

指が腐るように歯の周囲が腐っていくのです。

 

 

熱いものを食べて

粘膜がはがれたことはありますでしょうか?

 

 

その時の粘膜の色は何色でしたか?

粘膜や歯ぐきは白色です。

 

新鮮な血が巡っているので

赤く見えるのです。

 

歯茎が白かったり、

赤黒かったりしているのは

血行不良が起きている証拠なのです。

 

 

ある患者さんは

もう40年近く

タバコを吸い続けてきました。

 

 

ある日突然息が苦しくなり、

だんだん呼吸ができなくなり、

そばにいた奥さんが救急車を呼び

病院に運び込まれました。

 

一命を取り留めましたが、

その時のことを

「地獄の苦しみだった」

とお話してくれました。

 

 

長年生きていて

あんなに苦しい思いをしたことはない、

ということでした。

 

 

お医者さんの診断は、

肺に穴があいていた、

ということです。

長年の喫煙によるもの、です。

 

 

これは吉本歯科医院の患者さんの一例ですが、

歯も肺も、

「正常ではなくなってはじめて気がつくのです。

どうぞ知って下さい。

 

タバコを吸うことの恐ろしさを。

タバコの煙を人に吸わせてしまうことの恐ろしさを。

 

歯をボロボロ失い、肺がカチカチになってしまうことを知って下さい。

 

 

咬み合わせを考えた 3iインプラント システム 吉本歯科医院 | 歯を失った時, インプラント 入れ歯 ブリッジ どれを選んでももっとも大事なことは「かみ合わせ」です。咬み合わせ を無視した歯科治療は健康なあなたの歯を破壊していきます。四国で唯一の咬み合わせ専門歯科 3iインプラント 吉本歯科医院 インプラント 歯周病 歯槽膿漏 総入れ歯 部分入れ歯 ブリッジ 根管治療 歯の神経治療 歯の神経 マイクロスコープ

お気軽にご相談下さい

合わない入れ歯でお悩みの方、痛い嚙めないブリッジでお悩みの方、歯を抜かないといけなくなった方、入れ歯かインプラントかお悩みの方、まずはお気軽にご相談下さい。