骨がない人のためのインプラント(サイナスリフト(上顎洞底挙上術))

「あなたは骨ないからインプラントはできません」

「あなたは骨が薄いのでインプラントは難しいでしょう」

と診断される方は少なくはありません。

骨が少なくても「サイナスリフト」という術式でインプラントを行うことができます。

上顎歯槽骨が薄く、

上顎洞が低い位置にある場合、

上顎洞低を押し上げて骨を填入し、歯槽骨幅を確保します。

 

下記の写真をご覧ください(骨のない状態)。
骨がないため、骨が吸収し薄くなった状態がわかります。

サイナスリフト術により骨が増えた状態(ピンクの部分が骨が増えた状態)です。

患者さまの顎の骨の模型です。

患者さまの顎の骨の模型を円形に削ります。実際には骨に穴を開けていきます。
骨と上顎洞(サイナス)の間には「シュナイダー膜」という膜があり、それを破らないように細心の注意を払いながら削っていきます。

シュナイダー膜を破らないように注意深く持ち上げ、骨を上顎洞側に押し込んでいき、骨を上顎洞側に押し込んでいきます。

インプラントを埋入します。

インプラント先端部分の骨が足りず、飛び出している状態がわかります。
開けた穴より、自家骨(骨を削った際に出たものや、骨の充分ある別の部位より集めたもの)を填入する膜を押し上げながら、インプラントを埋入します。
充分な骨が充填された状態になれば、開けた穴を特殊な膜で塞ぎ、歯肉を縫合していきます。

「あなたは骨ないからインプラントはできません」

「あなたは骨が薄いのでインプラントは難しいでしょう」

と言われた方はどうぞ一度ご相談下さい。

 

咬み合わせを考えた 3iインプラント システム 吉本歯科医院 | 歯を失った時, インプラント 入れ歯 ブリッジ どれを選んでももっとも大事なことは「かみ合わせ」です。咬み合わせ を無視した歯科治療は健康なあなたの歯を破壊していきます。四国で唯一の咬み合わせ専門歯科 3iインプラント 吉本歯科医院 インプラント 歯周病 歯槽膿漏 総入れ歯 部分入れ歯 ブリッジ 根管治療 歯の神経治療 歯の神経 マイクロスコープ

 

お気軽にご相談下さい

合わない入れ歯でお悩みの方、痛い嚙めないブリッジでお悩みの方、歯を抜かないといけなくなった方、入れ歯かインプラントかお悩みの方、まずはお気軽にご相談下さい。