オールオン4インプラント

All-on-4(オールオン4)とは、全ての歯を失った方(無歯顎)対象の最新のインプラント治療方法です。

「総入れ歯の方」や「多くの歯を失った方」に、4~8本のインプラントをバランスよく埋入し、

その日のうちに理想的な仮の歯を固定する治療法です。

 

ワンデイインプラント(オールオン4)の特徴

  • インプラントを埋め込む手術をした後、わずか数時間で歯が入り、物が食べる事が出来る治療方法です。
  • 埋め込むインプラント体は4本から8本だけですので、手術時間もあまりかからず患者さんの身体的負担が大きくなりません。

以前は総入れ歯の方の場合、インプラントを10~14本埋め込む手術が一般的でした。

本数が多いと、手術時間は当然長くなります。

 

しかし、最近の研究で、特殊な技術を用いれば、

日常生活に不可欠な6番目の歯まで12本(片顎)の歯を支えるために必要なインプラントは、十分な骨があれば4~6本にできることがわかったのです。

 

また、手術後から8~10本の歯で軽く噛むことで、骨とインプラントの結合が促されることも明らかになりました。

つまり、必要最少本数で、手術当日から、連結された12本の歯を支える――これがワンデイインプラントの考え方です。

 

すでに欧米では普及してきているこの方法なら、

患者様の費用や肉体的負担、さらには精神的な面でも負担を減らすことができます。

 

埋入の本数は、骨の状態をCT撮影し、さらに画像解析により検討した上で最適な本数を決めていきます。

 

ワンデイインプラント(オールオン4)の治療説明

顎の中央に2mmのツイストドリルを使用し、深さ10mmまで形成します。
~中央の穴に、All-on-4(オールオン4)ガイドを装着します。
このガイドにより、インプラント埋入位置や形成の角度が判りやすくなり、同時に舌を守る役目をします。
2mmのツイストドリルを使用し、適切な深さを形成していきます。傾斜角度は最大30度から45度です。
方向指示棒で、正しい角度であるか確認します。
骨の密度に応じて部位を拡大し、インプラントを埋入します。
角度付アバットメントを装着します。
反対側の臼歯部も、同様に施術します。
前歯部2箇所を形成し、インプラントを埋入します。
アバットメントを装着します。
骨密度により必要に応じてインプラントを追加します(埋入)。

縫合後、歯の型取りをします。

出来上がった補綴物を、スクリューで固定します。
その後、すぐに物を食べることができますが、骨とインプラントがまだ結合していないので、結合する半年間は硬いものはかめません。仮歯は通常5番目の歯まで左右合計10本になります。
All-on-4(オールオン4)は、上顎でも下顎でも適応できます。
※何本必要かは、患者さまによって変わってまいります。
咬み合わせを考えた 3iインプラント システム 吉本歯科医院 | 歯を失った時, インプラント 入れ歯 ブリッジ どれを選んでももっとも大事なことは「かみ合わせ」です。咬み合わせ を無視した歯科治療は健康なあなたの歯を破壊していきます。四国で唯一の咬み合わせ専門歯科 3iインプラント 吉本歯科医院 インプラント 歯周病 歯槽膿漏 総入れ歯 部分入れ歯 ブリッジ 根管治療 歯の神経治療 歯の神経 マイクロスコープ

お気軽にご相談下さい

合わない入れ歯でお悩みの方、痛い嚙めないブリッジでお悩みの方、歯を抜かないといけなくなった方、入れ歯かインプラントかお悩みの方、まずはお気軽にご相談下さい。