高い成功率を維持するメインテナンス

 

 

「インプラントを入れた方は必ず定期的にメインテナンスに通うことが必要です」 

 

インプラントトラブルで来院される方の多くは

このようにお考えの方が

とても多いことがわかってきました。

 

インプラント治療がいったん終了すれば、

それでもう大丈夫。 

自分で手入れをしていれば問題はない

と思われてしまっていたことに問題があります。

どの患者さんも最初の2年はメインテナンスに通われていたそうです。

2年間大丈夫だったから、

先生が大げさに言っているだけで

きっともう大丈夫に違いない

と思われてしまっていたそうです。

インプラントは

ご自分の歯と同じく

死ぬまでメインテナンスをする必要があります。

また、

インプラントトラブルの8割は2年以内

に起こっています。

私の医院では、インプラント治療を行なった患者さんには

終了後すぐは1ケ月ごとに経過

診させて頂いております。

その後、半年、1年、2年目3年目と、

レントゲンで骨の状態を確認しながら
状態が安定するのを確認しています。

特に症状が無くてもです。

状態が悪くなっていたとしても、

インプラントはご自身の歯のように

痛いや凍みるなどのように自覚症状として警告を発してくれません。

インプラントはただの「ネジ」だから、です。
ただのネジなので

痛くも

かゆくも

しみることも

ないのです。

だから、怖いのです。
周囲の歯ぐきや

隣の歯にまで影響が及んではじめて

患者さんは自覚症状として気づくことができます。

メインテナンスにきちんとお越し下さらない

または、

メインテナンスの必要性をご理解いただけない場合

には手術を行なうことはできません。

それは必ずトラブルの原因となるから

です。

インプラント治療なんか受けなければよかったとなるから

です。
どうぞ、知って下さい。

インプラントは完成したら、終わりではありません。

歯と同じく、あなたが死ぬまで

そのインプラントを使い続けるまで

定期的なプロによるメインテナンスが必要なのです。

 

咬み合わせを考えた 3iインプラント システム 吉本歯科医院 | 歯を失った時, インプラント 入れ歯 ブリッジ どれを選んでももっとも大事なことは「かみ合わせ」です。咬み合わせ を無視した歯科治療は健康なあなたの歯を破壊していきます。四国で唯一の咬み合わせ専門歯科 3iインプラント 吉本歯科医院 インプラント 歯周病 歯槽膿漏 総入れ歯 部分入れ歯 ブリッジ 根管治療 歯の神経治療 歯の神経 マイクロスコープ

お気軽にご相談下さい

合わない入れ歯でお悩みの方、痛い嚙めないブリッジでお悩みの方、歯を抜かないといけなくなった方、入れ歯かインプラントかお悩みの方、まずはお気軽にご相談下さい。