歯を失った場合の治療法の比較

どの治療方法にもメリットやデメリットがあるため、何を優先するかで治療法はかわります。

インプラント
ブリッジ
部分義歯
総義歯
対応できる本数 1本~すべて失った方に対応可 数本失った方 すべて失った方
歯・顎への影響 機能回復できる 両側の健康な歯を削る必要があり支える歯への負担は大きい とめ金部分を削る場合もあり支える歯への負担は大きい
顎の骨の吸収がすすみやすい
顎の骨の吸収がすすみやすい
審美 天然歯に近い修復 保険外材料の選択により天然歯に近い修復 針金のとめ具が見える部分もある 顎の骨が退化して口元にシワがよりやすい
費用 保険適応外 保険適応外と健康保険適応(材料の選択によっては高額になる)
お手入れ 天然歯と同じ 食事のカスが詰まりやすい・スーパーフロス・歯間ブラシ等で清掃 はずして義歯の洗浄支える歯も清掃 義歯洗浄・口腔粘膜も清掃
治療期間 顎骨の状態によるが4ヶ月~1年以上噛み合わせ(咬み合わせ)のチェックが必要 周囲の歯の状態によるが1ヶ月~3ヶ月前後装着後も調整要 1ヶ月前後で作製装着後も調整要
欠点 外科手術が必要 空気がもれて発音が困難になることがある 違和感を感じやすいズレ・すべりが生じやすい 違和感を感じやすいズレ・すべりが生じやすい

 

 

 

咬み合わせを考えた 3iインプラント システム 吉本歯科医院 | 歯を失った時, インプラント 入れ歯 ブリッジ どれを選んでももっとも大事なことは「かみ合わせ」です。咬み合わせ を無視した歯科治療は健康なあなたの歯を破壊していきます。四国で唯一の咬み合わせ専門歯科 3iインプラント 吉本歯科医院 インプラント 歯周病 歯槽膿漏 総入れ歯 部分入れ歯 ブリッジ 根管治療 歯の神経治療 歯の神経 マイクロスコープ

お気軽にご相談下さい

合わない入れ歯でお悩みの方、痛い嚙めないブリッジでお悩みの方、歯を抜かないといけなくなった方、入れ歯かインプラントかお悩みの方、まずはお気軽にご相談下さい。