吉本歯科医院インプラント手術までの流れ

 インプラントというのは英語で「implant」、しっかり差し込むという意味です。医学用語では移植するという意味があり、歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。
顎の骨に埋め込まれたインプラントは、平均3~6ケ月の治療期間を経て骨にしっかり結合します。

インプラント手術の流れ

1.初診カウンセリング
患者さまの今、お困りの内容、どのような治療を希望されるか、将来どのようになりたいのか、なぜ吉本歯科医院を選ばれたのかを聞かせて頂きます。

2.パノラマ撮影
歯科のレントゲンです。
全顎の歯、骨、鼻腔、顎関節などを撮影します。

3.型取り、口腔内写真撮影

4.院長診断、カウンセリング
レントゲン口腔内情報から診断し、患者さまにご説明いたします。

5.血液検査、心電図検査
インプラント手術をする上で、必要な項目を検査して頂きます。
総合病院に紹介状をお書きします。検査に問題がなければ手術日を決めます。
結果によってはインプラント手術ができない場合もあります。

6.見積書お渡し

7.CT用ガイド型取り
CT撮影時、口腔内に装着する取り外し式の透明な入れ歯のようなものです。

8.CT撮影
吉本歯科医院では、CT撮影にもこだわりがあります。
通常の歯科用CTでは、数ミリ以上でしか撮影ができません。
0.5ミリで撮影ができるCTスキャナーがある総合病院にて撮影を行います。手術を成功に導くために必要な工程だからです。

9.3D立体構築画像検査
医科用で撮影したCTデータでは、神経、血管がはっきり写りません。
血管が大きいものと他に小さいものが複数あり、3D画像では3次元で立体的に診ることができます。
実際に手術をする前にコンピュータで最適な場所を見つけます。
1ミリの誤差もないように手術時に口腔内に入れる模型を作製します。

10.歯科麻酔医師のカウンセリング
手術前に歯科麻酔医師より血液、心電図検査結果についてご説明をします。
手術で使用する精神鎮静法麻酔についても説明します。

11.術前説明
院長より患者さまご本人の3D立体構築画像を見ながらインプラントを何本入れるか、神経、血管はどの場所にあるのか、骨はどのような状態なのかなどについて詳しくご説明します。
専任のカウンセラーにより、術前、術後の注意を説明します。

12.インプラント手術
当日は鎮静麻酔を使いますので、送迎かタクシーでお越し頂き、お帰りいただきます。
手術は歯科麻酔医師と歯科医師の医師2名体制にて行ないます。
術中は、歯科麻酔医師が生体モニターで全身状態を診ていまので、何か起こった場合は、歯科麻酔医師が即座に対応することが可能です。

インプラント治療、計画から完成まで

Step1 診査と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で「治療計画」が立てられます。

Step2 一時手術

 あごの骨にインプラントを埋め込みます。

Step3 治療期間

 一次手術後、3~6ヵ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。 この期間、仮の歯を使用していただきます。

Step4 二次手術

 歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

Step5 人工の歯を作製・装着

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯をつくります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。 スクリューで固定します。この他、人工の歯をセメントにより固定する方法もあります。

Step6 メンテナンスと定期検診

インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また半年に1回程度の定期検診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

 

 

咬み合わせを考えた 3iインプラント システム 吉本歯科医院 | 歯を失った時, インプラント 入れ歯 ブリッジ どれを選んでももっとも大事なことは「かみ合わせ」です。咬み合わせ を無視した歯科治療は健康なあなたの歯を破壊していきます。四国で唯一の咬み合わせ専門歯科 3iインプラント 吉本歯科医院 インプラント 歯周病 歯槽膿漏 総入れ歯 部分入れ歯 ブリッジ 根管治療 歯の神経治療 歯の神経 マイクロスコープ

お気軽にご相談下さい

合わない入れ歯でお悩みの方、痛い嚙めないブリッジでお悩みの方、歯を抜かないといけなくなった方、入れ歯かインプラントかお悩みの方、まずはお気軽にご相談下さい。