歯医者さんに対する概念が変わってしまいました。オールオン4インプラント治療を終了された福井里恵子様

fukuisama1.jpg

オールオン4インプラント治療を終了された

福井里恵子様です。

とってもいい笑顔でお話を聴かせて下さいました。

ご紹介させて頂きますね。

インタビューさせて頂いた言葉そのままをご紹介させて頂きます。

マネージャー)

「長い間の治療本当にお疲れ様でした!

吉本歯科医院に来てみようと最初に思われたきっかけを教えて下さいね」

「きっかけはね、もと通っていた歯医者さんで

先生に心無い言葉を言われたんです。

どんなこと言われたかというと

『あーこれ、ぐらぐらしとるなーー。歯周病がすごいなあ」

とまず言われたんです。

「?歯周病って?」聞いたこともないような話でした。

私には歯周病の知識なんて全然ないのに、そう言われた。

さらに

「あーこれはもう抜かないかんなあ」って、切り捨てるように言われたんです。

私は、

「え?抜いたら困るでしょ?」

って思ったんです。

 

この時、私の大事な歯をまかせられないと思いました。

その後、友達に聞いてみたんです。

すると

「ここ(吉本歯科医院)がいいって有名よ」って聞きました。

私はすぐにインターネットを開いて、もうすみからすみまで全部読みました。

そして思いきって「メール相談」って書いてあるとことにすぐに送ったら

すぐに返事が返ってきて

その時返ってきた文章が

「わ、ここ、すごい!」と思ったんです。

この文章で、

「わたしの気持ちを察してくれた返事だった」

それがすっごく嬉しくて。

前の先生には

「あー、もうグラグラしとるけん、抜かないかんなー」

「あ、これ、前歯も抜かないかんなあ」

って、言われたんです。

その時、私は

「いやいや・・・、抜くんだったら抜くでなんで抜かないといけないのか説明して欲しいし

抜いた後、私の歯はどうなるん?」

って不安になったんです。

歯がなくなったらどうしよう?って

歯がなくなるなんて思ってなかったから

歯を抜いた後どうするん?みたいな

何この先生?と思って・・・・

 

ここにはもうこれんわ、と思ったんです。

 

そんな後だったので

ここ(吉本歯科医院)に来たら先生もね、

一回一回の治療に対して

「なぜ、この治療が必要なのか?」

「こうこうこうだから、こうなっていくから、この治療が必要である」とかね

細かくちゃんと説明してくれるので

すごい安心感あった。

 

私小さい頃に歯医者に連れて行かれて親と先生の目をスキをみはからって

何回も診察台から逃げていった子なんですよ(笑)

 

歯医者が嫌いで嫌いで、もう本当に大嫌いで。

 

大人になるまで一人で歯医者いけなかったんです。

 

だけど、ここ(吉本歯科医院)に来て歯医者の概念が変わった!

 

それはみなさん、ホームページの中でも書いてらっしゃいましたよね。

すみずみまで読みましたから。

 

私、出会えてよかったと思うんです。

 

よく友達も私にここ(吉本歯科医院)を教えてくれたなと

その友達は私がいろんな悩みを相談する友達だったんです。

だから本当にまあ、よく教えてくれたな、と

 

私は教えてもらってから

自分でここ(吉本歯科医院)の

ホームページをすみずみまでみたんです。

 

そこではじめてインプラントっていうのをを知りました。

詳しく症例書いていたので

「わあ、こんなきれいになるんや」と思いました。

余談ですが

テレビのビューティーコロシアムなんかで

あんな歯並びがこんなきれいになるんはインプラントしとったんや!!って

つながったんです(笑)

 

 

インプラントは、結構年数かかるって書いていたんです。

私も歯並びすごいコンプレックスだった

八重歯があたって、歯周病で動いて口元もおかしくなってきてということは

顔のしわもたるみも歯によってできてくるからって

もういろんなことがつながったんです。

 

最初のきっかけは友達の紹介から

無料メール相談したことです。

 

あの時にメールの返事もなかったら、

ここ(吉本歯科医院)に来てなかったと思うし

やっぱり、迅速に対応してくださったっていう信頼感がありました。

 

 

また、はじめてここにきた時の雰囲気!!

みなさんスタッフの方の雰囲気が

あったかい感じだった。

 

「こんにちは」の一言でもね

無表情で言われるのと、

心から優しく言ってもらえるのでは

ねえ、

やっぱり、人間やからね。

はじめていくところって、緊張してるしましてや病院とかだったら

何かが悪くて言ってるわけだから

ふつうよりも敏感になってると思うんです。

 

 

普通のところではじめて会うのと

こういう病院ではじめて会うのでは

第一印象は過敏になってる

患者としては

と思うので

 

そこであったかく迎い入れてくれたっていうのは

嬉しかったです。

通えば通うほど居心地がよくなってきて

来ることがが楽しみになったもの!

 

ここにきて「いろんなことで出会いってすごいなあ」と感じるようになった

 

 

マネージャー)

「ありがとうございます。

でも、途中治療中は本当に大変でしたよね?」

 

 

「そう、おかゆ生活(大笑)」

2ケ~3ケつき月くらいずっと。毎日!

2、3ケ月くらいおかゆ生活をはじめるとやせたました8キロも!!

 

 

いや、だってこの服も入らなかったのに(ご自身の素敵なお洋服をさして)

また入るようになったんです。

ここ(吉本歯科医院)きた時、◯キロくらいあったのが、8キロ痩せました。

ここきた当時は

年齢と同じくらい体重が増えていってた時期なんです。

 

インプラントのお陰で無理なダイエットもせず

きれいに痩せれました。

いま体調がいいんです。

人生で一番自分が動きやすかった時の体重に戻っているんです。

 

本当に出会えてよかったです。

みなさんに感謝です。ありがとうございます。」

福井さんとのお話は楽しくてあっという間の時間でした。

長い期間の治療を終えて

こうして笑顔で治療終了の日を迎えることができることは

私達にとっても幸せな瞬間です。

長い治療期間中には

治療の主人公である患者さんご自身には

本当におつらい経験もたくさんあるんです。

福井さんがおっしゃられていた

「おかゆ生活!」はまさにその最たる時期です。

患者さんによっては

「あのドロドロ期がつらかった」ともおっしゃいます。

つまり、まったく「噛むことができない時期」が

2、3ケ月も続くのです。

噛むことができない

つまり、

噛む力をかけてはいけない時期です。

でも私達は人間ですので

生きていくために毎日食事をしなくてはいけません。

その食事が

おかゆ程度のドロドロした柔らかい流動食のような

お食事内容に変えていただく必要があるのです。

あの時期は、本当につらかった

とみなさんおっしゃいます。

でも、乗り越えることができるのは

この時期我慢したら

またきちんと食事ができるようになる希望が見えるから、です。

本当によく頑張って下さいました。

そして、毎回お約束通りに治療に通って下さいました。

そして、お約束事項をきちんと守って下さいました。

治療の主人公はあくまでも患者さんご自身です。

私達がどんなにいい治療を提供してさしあげたいと思ったとしても

患者さんご自身が「よし!一緒によくなっていくぞ」というお気持ちなくしては

治療の成功はありません。

福井さんは、私達を信頼し

最後まで一緒に走って下さいました。

本当にありがとうございます。

そしてこれからは、いい状態を維持できるよう

しっかりメインテナンスを続けてまいりましょう。

インプラントは、治療が終わったら終了では、ありません。

生きている限り、

お口の中はメインテナンスし続ける必要があるのです。

素敵なメッセージをありがとうございました!

 

歯を失った時、インプラント入れ歯ブリッジどれを選んでももっとも大事なことは「かみ合わせ」です。咬み合わせを無視した歯科治療は健康なあなたの歯を破壊していきます。四国で唯一の咬み合わせ専門歯科 3iインプラント 吉本歯科医院 インプラント 歯周病 歯槽膿漏 総入れ歯 部分入れ歯 ブリッジ 根管治療 歯の神経治療 歯の神経 マイクロスコープ

お気軽にご相談下さい

合わない入れ歯でお悩みの方、痛い嚙めないブリッジでお悩みの方、歯を抜かないといけなくなった方、入れ歯かインプラントかお悩みの方、まずはお気軽にご相談下さい。