ブリッジ治療の寿命は?

ブリッジ治療の寿命

香川県 高松市でインプラント治療を行っている

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

ブリッジ治療の寿命は?ブリッジ治療をしたら一生もちますか?

というご相談は大変多く寄せられます。

ブリッジ治療は一生もつものではありません。

 

それどころか

歯を失った部分にブリッジ治療をすることでのデメリットの方が

はるかに大きいと私は思っています。

ご説明します。

 

歯が抜けたところに
両隣の歯を削り、3本または、3本以上の歯をつないで被せものをする治療法
それがブリッジです。

ブリッジ(橋)のようになっているので
ブリッジ治療と言います。

歯を失った時
多くの方はこのブリッジ治療をお受けになります。
治療をされる先生も
ブリッジをおすすめする場合は
多いと思います。

 

ブリッジ治療には
保険がきくものと
保険がきかないもの(自費)があります。

ブリッジ治療のメリットは
金パラ(金銀パラジウム合金)であれば
保険が効くため安価で治療をが受けられます。

しかし
やはり
ブリッジ治療も大きなデメリットがあるのです。

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門の吉本歯科医院 院長。歯学博士。噛み合わせをきちんとすることがインプラント成功の条件です。四国で唯一の噛み合わせ専門の歯科医院。DRマロのインプラントクリニック「マロ・クリニック東京」提携歯科医院。総入れ歯の方、多くの歯を失った方のためにオールオン4という治療をご提案しています。

最新記事 by 吉本彰夫 (全て見る)

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。