お口の中に入っているインプラントは外せるものですか?

こんにちは

香川県高松市の

噛み合わせ専門歯科医院

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

 

インプラント治療を受ける際に

知っておくべきことが

あります。

 

それは

あなたが入れるインプラントは

ネジで固定されているものですか?

それとも

接着剤でくっつけているものですか?

 

 

ネジで固定されているものは

ドライバーでゆるれば

簡単に外すことができます。

しかし

接着剤で留めているものは

どうなのでしょうか?

 

 

弱い接着剤であれば

取れるかもしれません。

 

しかし

強い接着剤で留められた場合には

外すことができない

ということがあるのです。

 

 

 

外すことができない時には

周りの骨を壊して外す

ということになります。

 

 

たとえば

ポスターをシールで壁紙に

くっつけて留めたとイメージして下さい。

 

短期間であれば

きれいに外せるかもしれません。

 

しかし強力なテープで

何年も経ってから外そうとすると、

こびり付いて外せませんよね。

 

 

外れたと思っても

ポスターが破れたり壁紙が破れたり。

 

きれいに外そうと思うと

ポスターをきれいに切って

除けたりしないと外れません。

 

接着剤で留めた場合には

きれいに外すということが

実はすごく難しいのです。

 

 

きれいに外れる接着剤ということは

つまり接着力が弱いということになります。

 

接着力が弱い

ということは

封鎖性も弱いのです。

 

 

封鎖性が弱い

ということは

バイ菌が入って来やすい

ということを意味します。

 

 

接着力が弱いということは

粘着性のものや

かたいものを

お食事した場合には

くっ付いて簡単に取れてしまいます。

 

 

ですから通常接着剤で留める場合には

比較的強力なもので留める必要が出てくるのです。

 

 

では

なぜネジで留めずに

接着剤で留めるのでしょうか?

 

 

ネジで留めるためには

ネジ山にドライバーを当てて回転させます。


つまり

ドライバーが入るネジ山が

必要なんですね。

 

そのネジ山部分、それは見えてしまいます。

 

ネジ山部分が見えると

見た目に見える部分の

治療の場合にはそれを気になさる方もいらっしゃるのです。

 

 

せっかく高額な治療を受けて歯が

入ったと思って喜んで鏡を見た時に

やっぱり残念な顔をされる方もいらっしゃると思います。

 

ですから見た目にもある程度配慮が必要なのです。

 

見た目と機能、

それは相反するものなのです。

 

その両方を兼ね備えようとすると

パーツを増やしてブロックをもう一段重ねてあげる必要があるのです。

 

 

それには費用と技術力が必要です。

 

ですのでそこまでするかどうか。

そこまで患者さんが求められるかどうか。

 

多くの場合、元々の予定した金額プラスα

さらに費用が掛かったりしますので

そこまで求められない患者さんもいらっしゃいます。

 

 

また見た目ということを

先生の専門によっては

機能よりも優先される方は多くいらっしゃいます。

 

ですので

特に患者さんが見た目を重視される方であれば

見た目を重視した治療はできますよ

ということで機能を多少減らしてでも

とお考えになる方は多いのです。

 

 

吉本彰夫は介護支援専門員、ケアマネージャー

でもあります。

 

施設でお困りになっているご本人

ご家族

そして施設に従事している人達の

現場というのを見る機会がありました。

 

 

ですから私は簡単に外せる

ということにものすごくこだわっています。

 

 

つまり、接着剤で固定せず

ネジで固定するという

方法を選択しています。

 

 

 

あなたが入れるインプラントは

ネジで固定されるものですか?

接着剤で固定されるものですか?

 

 

 

もし、接着剤で固定されるものであれば

接着剤のメーカーと種類は何ですか?

簡単に外せるものですか?

ということも

 

かならず確認しておいて下さいね。

噛めない、見た目回復のお悩みならまずはお気軽にご相談下さい

合わない入れ歯でお悩みの方、痛い嚙めないブリッジでお悩みの方、歯を抜かないといけなくなった方、入れ歯かインプラントかお悩みの方、まずはお気軽にご相談下さい。