他治療との比較

■インプラント治療を従来の治療と比較してみましょう。

従来の治療法とインプラント治療の比較

従来の治療法 インプラント治療
前歯を一本失った場合

【ブリッジ】

  • 両側の健康な歯を削る必要がある。

【インプラント】

  • 健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。
奥歯を失った場合

【部分入れ歯】

  • 金属の止め具などに違和感がある。
  • かたいものが安心して食べられない。

【インプラント】

  • 止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。しっかり固定されており、かたいものを食べても安心です。
全ての歯を失った場合

【総入れ歯】

  • ガタツキがあると安心して食事ができない。
  • 入れ歯安定剤を使っても人前で外れる心配がある。

【インプラント】

  • 自分の歯のようなしっかりした噛みごこちで、おいしく食事ができます。入れ歯のように外れる心配もありません。
あごが細くなり総入れ歯が使いにくい場合

※ 総入れ歯の場合、あごの骨がやせて入れ歯が合わなくなることがあります。

【入れ歯安定剤、入れ歯の作り直し】

  • 入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安が残る。

【インプラント】

  • 入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。

お気軽にご相談下さい

合わない入れ歯でお悩みの方、痛い嚙めないブリッジでお悩みの方、歯を抜かないといけなくなった方、入れ歯かインプラントかお悩みの方、まずはお気軽にご相談下さい。