歯が抜けてしまうのは老化現象なのですか?

香川県 高松市でインプラント治療を行っている

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

奥歯が部分入れ歯にしてから

隣の歯や下の歯が噛むとグラグラと揺れてきたんです

歯が抜けそうになっているんです

このようなご相談をお受けします。

 

お越しになられた患者さんは

歯がグラグラになってきて

歯が抜けてしまうのは

老化現象だろう、とおっしゃられます。

 

年を取ると歯茎がやせてくるからしょうがない

そう、思われています。

 

しかし歯がグラグラして抜けてしまうのは

老化現象ではありません。

 

年を重ねられても

予防対策をちゃんとなさっている方は

歯を失う時期を遅らすことができているのです。

 

歯は

寿命との追いかけっこです。

 

いかに歯を失う時期を遅らせることができるか、が大事です。

 

多くの方は歯周病(歯槽膿漏)により

歯を失います。

 

どうして歯槽膿漏(歯周病)になるのか?

 

私がお話をうかがった多くの患者さんは

このようにおっしゃられました。

 

①加齢のせい

②歯磨き不足

③歯周ポケットにばい菌が溜まって炎症を起こすから

④ストレス

⑤歯磨きの回数が少ない

⑥体調不良のせい

⑦磨き方が悪いから

⑧歯間ブラシやフロスを使っていないから

⑨甘いものを食べ過ぎたから

⑩遺伝のせい

⑪歯周病菌が口の中にいるから

⑫普通の歯ブラシを使ってて隅々まで磨けていないから

⑬唾液の成分が歯をダメにして炎症を起こすから

⑭歯茎の中に菌が入って炎症を起こすから

⑮歯茎の中にある虫歯菌が炎症を起こすから

 

歯周病(歯槽膿漏)による歯が抜ける原因は

2つあります。

 

歯周病とは

歯を支えている骨が溶けてなくなる病気の事を言います。

歯を支えているのは歯茎ではなく

骨、です。

骨が溶けて痩せてなくなるので

土台となる支えが消え

当然、埋まっている歯がグラグラと揺れ始めるのです。

 

横揺れの力に歯は恐ろしく弱いので

食事のたびに揺さぶられ

グラグラ揺れ出した歯は

あっという間に抜けてしまいます。

 

歯医者に行ってわざわざ抜いてもらわなくても

毎回の食事で抜けてしまうことも多いです。

重要なことなのでもう一度

歯周病とは

歯を支えている骨が溶けてなくなる病気の事です。

歯周病により歯が抜ける原因は2つあります。

歯周病の原因

①細菌感染

②咬み合わせ異常による破壊的な力

① の細菌感染によるものはこちらをご覧ください。

歯周病は感染症です。

そして盲点となっていることがあるのです。

それが②の噛み合わせ異常による破壊的な力です。

このことをご存じないがために多くの方が

老化だからしょうがないと思われどんどん歯を失い続けていきます。

定期的に歯磨きをしていたのに、クリーニングに通っていたのに歯を抜かなくてはいけなくなったという患者さんが後を絶たないのは②の噛み合わせ異常による破壊的な力のことをご存じないから、です。

知って下さい。

歯がないと噛めなくなるんです。

 

歯を失うことは

歯を失ってからでないとその重みに気が付きません。

 

あたりまえに噛めていた

あたりまえに食事ができていた

それは

噛むに耐えうる歯があったから、です。

 

 

歯の破壊で歯を失うという事実をぜひ知って下さい。

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門の吉本歯科医院 院長。歯学博士。噛み合わせをきちんとすることがインプラント成功の条件です。四国で唯一の噛み合わせ専門の歯科医院。DRマロのインプラントクリニック「マロ・クリニック東京」提携歯科医院。総入れ歯の方、多くの歯を失った方のためにオールオン4という治療をご提案しています。

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。