インプラントのトラブル

香川県高松市の

かみあわせ専門歯科

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

インプラントでのトラブル

大変多いご相談です。

過去にインプラントを入れた部分に
何かしらのトラブルが起こり、困り果てている
というご相談です。
インプラントとつないでいた被せ物が壊れた
インプラントしている歯が腫れて膿がでてきた
インプラントで噛めなくなったので噛み合わせ調整して欲しい
インプラント周囲の歯の骨が溶けていると言われた
インプラントの被せ物がちびてきた
インプラントがグラグラしてきた
県外からわざわざお越し下さったにも
かかわらず私の医院ではまったく治療をして差し上げることができないケースも
増えており、事前にお伝えしておかなくてはいけないと
思っています。
インプラントをお受けになられた方は
まずはインプラントをお受けになった医院さんに
ご相談するのが一番いいいのです。
その理由は
使っているインプラントメーカーが違うから、
です。
インプラントにトラブルが起こった場合
治療をするには
インプラントを一旦外してみる必要があります。
その時に、
インプラントを外すネジが必要なんです。
骨の中に入っているインプラントは
このようなネジ埋め込んでいるわけです。
そのインプラントのネジは
メーカーによって
ネジ山の形が
違います。
ネジにはそのネジに
ピタリ合うドライバーが
あります。
そのネジはメーカーによって
違うのです。
T社のインプランのネジに
まったく違うA社のドライバーを
無理やり突っ込んで回そうとすると
ネジ山が潰れてしまいます。
T社にはT社のネジ山が
A社にはA社のネジ山が
必要なのです。
インプラント治療をされる方は必ず
インプラントをされる前に以下のことを
確認しておいてほしいのです。
  • どこのメーカーのインプラントなのか?
  • インプラントの種類や型番はどうなのか?
  • ネジで固定されているのか?接着材で固定されているのか?
  • 接着材のメーカーや種類は何なのか?簡単に外せるものなのか?
  • 外すにはどうすれば外せるのか?
インプラントは
死ぬまであなたの体の中に入るもの
です。
トラブルが起こったらすぐに外し、
治療できる状態にしておかなくては
いけないものなのです。
インプラントは口の中に入れたら最後、
というわけではありません。
5年後、10年後、何が起こる可能性があるのか?
起こった時にはどうするのか?
トラブルが起こってからでは
遅いのです。

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。