歯周病で歯がグラグラしています。歯科医院で歯の掃除をすれば揺れは止まりますか?

香川県高松市の咬み合わせ専門歯科医院

吉本歯科医院の吉本彰夫です.

 

かよっている歯科医院の先生に

「あなたは歯周病です。と診断されました。

歯がグラグラしているので歯を抜かないといけないと診断されたました。

歯を抜いた後、どのようにすれば他の残っている歯を予防することができるか

このようなご相談はとても多いです。

 

結論を言いますと

歯がグラグラと揺れている場合には

歯の掃除(クリーニング)をしてもほとんど揺れは止まりません。

 

実際、ご相談に来られる患者さんの多くは

これまでも普通にブラッシングや

定期的な歯科検診はなさってこられた方も多いのです。

しかし、

今回

「歯周病で歯を抜かないといけなくかった」

のです。

 

歯周病菌だけが原因で歯周病になっている場合には

しっかりとお口の中の菌を減らすことで

これ以上悪くならないように維持することができる可能性もございますが

「歯周病で歯を失った」場合には

そもそも今回歯周病になられた根本原因

まずは

きちんと突き止めることが大事です。

 

 

歯周病によって骨が溶ける原因は2つです。

1、口の中の細菌によるもの(細菌感染)

2、噛み合わせから起こる「破壊的な力」(外来的要因)

 

今まで掃除をきちんとしているにもかかわらず歯の揺れがとまらない、

のであれば

1、ではなく、2の噛み合わせから起こる問題

または1、2の組み合わせが原因であることが多いです。

 

 

歯周病って、骨が溶けてなくなる病気なんです。

原因2の、かみ合わせからくる破壊的な力をお話します。

重たい物を持つ、

重たい物を支える、

というふうに考えていただくと分かりやすいです。

一人で重たい物を支えるよりも

二人、二人よりも三人、三人よりも四人のほうがいいわけです。

 

それぞれの一人に対する負担が減るわけです。

 

歯の数は親知らずを除くと28になります。

親知らずを含めると32になるのです。

 

そもそもなぜ神様がこのように人間に歯を多く作られたのか?

歯がそれほど丈夫なものであれば、そんなに本数いらなかったのではないでしょうか?

 

つまり人間の食生活においては28本は必要だと考えて、28本作られたのだと思います。

ですから

すでに「歯を抜かないといけない」ということになった

ということは本数が減るのです。

重たい物を運ぶと思って下さい。

例えば車で運ぶ場合、タイヤは4ですよね。

 

では次に

4本のタイヤの普通の車には乗せられないような大きな物、重たい物を乗せると思って下さい。

トラックやトレーラーなどタイヤがいっぱいなもので運びます。

 

その大きなもの、重たいものを車の上にポンと載せてみたらどうでしょうか?

タイヤが悲鳴を上げますよね。

パンクしますよね。

お口の中の歯も同じことが起こっているのです。

すべて噛む為の道具なのです。

 

噛むための

ご自身の歯

被せ物、

ブリッジ、

入れ歯(義歯、総義歯)、

インプラント、

すべて道具なのです。

 

本来受け持っている力以上の力を受け持つと

簡単に壊れてしまうのです。

 

歯がグラグラしている。

歯周病で歯を抜いた後どうすればいいのか

 

というご質問をよくいただくのです。

歯がグラグラしているというのは動いているということですよね。

何か噛んだ時、歯は動くんです。

 

というこうとは、それは力を支える能力が実はあまりないんです。

弱いんです。

つまりどういうことか?

 

車でいうとタイヤがパンクしている状態だということです。

 

当然パンクしているわけですから、ないのと同じです。

 

残っているタイヤに負担がいっているのです。

 

トラックやトレーラーでないと運べないような物、重たい物、大きい物、それを普通の車にポンと載せたら耐えられないわけです。

確かに車でも重たい物を運べるのかもしれない。

でもそのような限度を超えたような物は運べないのです。

 

言うなれば、車で運べる荷物の量は限られている。

トラックやトレーラーでないと運べないような物はそもそも運べないのです。

 

運ぼうとすると次々壊れていくのです。

もちろん昔食事できていた物と同じ物を食べたいという気持ちはよく理解できます。

家族みんなと

お友達と一緒のものを

同じように噛んで召し上がりたい

というお気持ちよくわかります。

 

しかしながら

残っている歯の現状、

残っている歯の本数であったり、

残っている骨の量だったり、

揺れているのか揺れていないのか、

生きている歯なのか、

死んでいる歯なのか、

という状態によって

噛める物、

噛んでもいい物が

変わるのです。

 

歯の神経を取るから

噛んでも痛くないから噛んでもいいというわけではないのです。

 

確かに噛むということは良いことです。

噛むということによって脳への血流量が増し、筋肉が動く、ということによって脳への刺激が強く脳を活性化させる。

つまり噛むということはすごく大事なことです。

しかしながら堅い物を噛むと歯は骨はやられてしまいます。

 

つまり噛んで大丈夫な方が噛んでいいのです。

その限度を超えた噛み方をすると、実は非常に危険なのです。

「歯を抜いた後どのようにすれば良いのか」

本数が減っているわけですから、その本数分増やしてあげればいいわけです。

 

例えば

インプラント治療のようになくなった歯の本数分、そこを支えられる本数のインプラントでもって支えるということが一つ。

もう一つはもうすでに揺れているわけですから、

すでに他の歯に対して負担が掛かっているわけですから、

今のお食事そのものが実はご自身の歯にとって耐え切れない力だということを知ってください。

今の食生活そのものが非常に危険なのだということを知ってください。

ご自身では「その食事は硬くない」と思っていらっしゃるかもしれません。

硬いかどうかを判断するのはご自身の頭ではなく、ご自身の歯なのです。

頭では「これくらい大丈夫だろう」

と認識されていても

確実にお口の中の歯は壊れていっているのです。

以前に食べていた物よりもやわらかいもの、出てきた食卓の中でやわらかいものを選んで食べている、であればいいということではないのです。

今のご自身の歯にとって十分余裕をもって耐えられる食事なのかどうかということが大事なのです。

ですから今すぐにその食事の質を変えるということがすごく大事なのです。

歯を抜いた後、傷が治るには時間がかかります。

期間がかかります。

その間も残っている歯にはものすごい負担がいっているのです。

傷が治るには休養というのが必要なのです。

足が骨折をして、その足を治すためにギブスをして、

その傷が治るまで動かさない、動かない、力がかからないようにする。

この休養がすごく大事なのです。

ギブスをしてそのままマラソンに出たら当然壊れるのです。

傷が治り、治療が終わるまでは走ってはいけないのです。

この2点はとても大事なことなのです。

 

「あなたは歯周病だと言われた。

歯がぐらぐらしているので歯を抜かないといけないと診断された。

歯を抜いた後、どのようにすれば他の残っている歯を予防できるか?

 

予防するためには

今の現状の歯に対して

これ以上負担をかけないような

お食事の質を変えて頂くことがとても大事です。

「硬いものを食べないで下さい。」

「お食事の内容を変えて下さい。」

「できるだけ柔らかいお食事に変えて下さい。」

こんなお話をあなたは聞かれたことは、ないでしょうか?

 

硬いかどうかを判断するのはご自身の頭ではなく、ご自身の歯なのです。

歯周病と診断された方

歯を抜かないといけない診断された方

すでに多くの歯を失ってしまった方

まずは、

ご自分が「歯を抜かないといけないと診断された」根本原因

歯周病だと診断された根本原因を

お知りになって下さい。

歯を抜かないといけない

と診断された方は

まずは、ご相談下さい。

現状をきちんとお知りになる、それが最も重要なことです。

 

香川県高松市において,四国で唯一の噛み合わせ(咬み合わせ)を専門にした歯科治療を提供しております.薬で治す治療法,3iインプラント,歯周病治療など最先端の研究内容を治療として実践し,数多くの実績を誇ります。咬めないご相談は吉本歯科医院へ

 

 

お気軽にご相談下さい

合わない入れ歯でお悩みの方、痛い嚙めないブリッジでお悩みの方、歯を抜かないといけなくなった方、入れ歯かインプラントかお悩みの方、まずはお気軽にご相談下さい。